2020/6/23

日光に泊まるならここ!子連れにおすすめのホテルをご紹介

日光といえば世界遺産も点在する日本有数の観光地です。日光には子どもが楽しめるさまざまなレジャー施設がありますが、温泉も有名です。温泉地のホテルに子どもを連れて行っても大丈夫だろうか?旅館はちょっと敷居が高いけど、ホテルならどうかな?など、子連れ旅行には気がかりなことがたくさんあります。ここでは日光へ子連れで泊まるのにちょうどよいホテルをご紹介します。ホテルの施設も充実しているところが多く、子どもと一緒に楽しい日光旅行ができますよ。

日光温泉にある子連れ歓迎のホテル8選

ここでは温泉地、日光にある子連れ歓迎のホテルをご紹介します。客室のタイプや食事の種類、ホテル館内の施設などを主に紹介しています。赤ちゃんのアメニティが用意されているホテルもありますよ。日光のレジャーと一緒にホテルでの滞在も楽しんでください。

おすすめ1:日光市「鬼怒川温泉ホテル」

こちらのホテルはウェルカムベビーの宿として認定されています。赤ちゃんと初めての旅行を楽しんでもらおうと、赤ちゃんと一緒に宿泊するプランも用意しています。滞在中に必要なおむつの用意やおむつ用ゴミ箱、離乳食、ベビーソープなどのアメニティもあります。赤ちゃんのためにバスタオルを2枚用意してくれるのもうれしいサービスです。

客室タイプも通常の和室の他に「赤ちゃんルーム」と「キディルーム」があり、それぞれ部屋の中に絵本やおもちゃのあるキッズスペースがあります。赤ちゃんプランの申し込みですと、食事を客室で食べることができます。

おすすめ2:日光市「きぬ川スパホテル三日月」

こちらのホテルは温泉やプールの規模がとても大きく充実しているのが魅力の宿です。2020年7月に温泉をプールのように楽しむことのできるエリアもできますよ。

室内スパの他、夏季限定の屋外プールはスライダーや流れのあるプールなどさまざまな種類があります。プールのみならず大浴場も多くの種類があって、1泊では入りきれないくらいの規模です。

客室は畳敷きの和室がメインのため、子ども連れにはありがたいですね。食事はバイキングがメインなので、子どもの好きなものを取ってあげることができますよ。

おすすめ3:日光市「あさやホテル」

こちらのホテルは「バイキングの宿大賞」を受賞した、100種類のビュッフェが人気です。子ども用の食器やエプロンなどの用意もあり、好きなものを好きなたけ食べられるのがうれしいですね。

卓球コーナーやゲームコーナーもあるので、大人から子どもまでホテルのアミューズメントで楽しむことができます。他におむつ用バケツやおねしょシートなどの用意もあるので安心です。

また、小さい子どもが遊べるキッズコーナーも完備されています。夏季限定ではありますが、屋外にプールもあります。プールは子ども用と一般用で水深が違うので、小さな子どもでも安心して遊ぶことができますよ。大浴場の他に貸し切り風呂もありますが、全客室に温泉が出るお風呂が完備されています。

おすすめ4:日光市「伊東園ホテルニューさくら」

伊東園ホテルニューさくらでは、食事がバイキングプランと会席プランの3種類から選ぶことができます。どちらのプランも地元の食材を多く使った料理を食べることができます。

施設内には卓球コーナーやゲームコーナーもあるので、温泉の後に家族みんなで遊ぶことができますよ。また、小さな子ども向けのキッズコーナーもあるため、滞在中飽きずに過ごせます。

夏季限定で宿泊者が無料で使える屋内プールもああるため、家族で利用したいですね。遊び足りない子どもたちと一緒に体を動かすこともできますよ。

お風呂は大浴場の他に露天風呂もありますが、無料の貸切の温泉風呂もありますので、家族で温泉を楽しむことができます。子ども用の浴衣やキッズチェアもあります。

おすすめ5:日光市「鬼怒川プラザホテル」

こちらのホテルは夏休み期間中にホテル専用の場所で沢遊びができます。お祭り広場もあるので、ゲームでお土産をくれたり、楽しいイベントが時期によって開催されます。

客室のほとんどはゆっくりくつろげる和室のため、子連れでの滞在にはぴったりですね。露天風呂付きの和室もあります。

プールは夏季のみの営業ですが、遊技場などの遊ぶスペースもあるので、家族みんなでホテルの中で楽しむことができきるでしょう。

食事はバイキングか和膳を選ぶことができます。バイキングも和洋中のほかにスペイン料理もあるので、好みに合わせて選ぶことができます。子ども用の浴衣などの用意もあります。

おすすめ6:日光市「鬼怒川温泉 ホテルサンシャイン鬼怒川」

こちらのホテルは、子ども連れ家族にうれしい客室「キッズルーム」があります。子どもが遊べるおもちゃがある他、哺乳瓶の消毒セットやおむつ入れ、補助便座などの用意もあるので家族でゆったり過ごすことができます。

食事はプランによって和食膳かバイキングを選ぶことができます。バイキングでも天ぷらは目の前で揚げた、でき立てを提供するなどのこだわりが見られます。

部屋食のプランもあるので、状況に合わせて食事のスタイルを決めることができます。部屋食であれば、キッズプレートを用意してもらうことも可能です。

おすすめ7:日光市「ホテルハーヴェスト鬼怒川」

こちらのホテルは全室バルコニー付きの客室がポイントの宿です。隣り合った部屋の行き来ができるコネクティングルームもあるので、3世代の大人数で泊まることもできますよ。

和室で布団を使う際の布団敷きはセルフサービスとなっていますが、お昼寝が必要な子どもがいる場合は好きなタイミングで布団を敷けるのがよいかもしれませんね。

夕食のバイキングは鬼怒川の地元の食材を活かした料理が並ぶため人気があります。バイキングでなくても、子どもの好きなメニューをそろえた「チャイルドコース」などの食事もあり、レストランで食べることができます。

ホテル館内には一年中入れる屋内の温水プールがあるので、滞在中に利用してはいかがでしょうか。

おすすめ8:日光市「奥の院 ほてる とく川」

こちらのホテルは、落ち着いた雰囲気のある和風ラグジュアリーホテルです。客室に露天風呂がついている部屋もあるため、滞在中は家族でゆっくりと過ごせるでしょう。

部屋のタイプによっては2歳以下の宿泊ができない客室もありますが、畳敷きのお部屋は子どもも裸足で動けるので、ありがたいですね。

離乳食の用意はないですが、ロビーに電子レンジがあるので離乳食を持ち込んで温めることもできます。子ども用食器の貸し出しもありますよ。食事は個室の食事処になり、子どもの年齢に合わせた食事も用意してくれます。

日光周辺のホテルは温泉アミューズメントがたくさん!

日光周辺のホテルをご紹介しましたがいかがでしたか。ほとんどのホテルで大浴場や露天風呂がありましたが、おもちゃなどが置いてあるキッズルームを設定しているところもありました。少しでも遊びたいという子どもにはうれしいサービスといえるでしょう。

大きなプールで楽しめるホテルもあるので、水遊びが大好きな子どもにはうってつけですね。ホテルにいるだけで温泉やいろいろな遊びができるので、ホテル自体がアミューズメントパークのような気分になれると思います。

歴史ある寺社やレジャー施設、温泉と観光スポットが豊富な日光ですが、子どもと一緒に楽しむために、ご家族にぴったりのホテルを選んでみてくださいね。

記事をもっと探す

カテゴリから探す