2020/6/22

杉並区には水遊びができる公園がたくさん!じゃぶじゃぶ池など15選

暑さ対策になるだけでなく子どもの教育にもなる水遊びは、暖かい時期にぜひ実践したい外レジャーといえますね。とはいえ自宅では遊ばせにくいものですから、水遊びできる施設のある公園を探したいところです。また毎回同じ公園では子どもの刺激にもなりませんし、できれば近場で複数の水遊びスポットをおさえておきたいもの。そこで今回は杉並区にお住いの方に、区内にある子どもが水遊びできる公園を15ヵ所紹介したいと思います。

杉並区で水遊びにおすすめの公園15選

杉並区内には大小さまざまな公園が整備されていますから、どこに水遊び施設があるかまでは把握しきれませんよね。以下に杉並区にある水遊びができる公園を厳選して紹介していますので、ぜひお子さんとのお出かけの参考にしてみてください。

おすすめ1:杉並区高円寺北「馬橋公園」

6つの広場から成る馬橋公園は、整備された長いせせらぎを有する大きな公園です。一年を通して小川遊びができるので、子どもの気分に合わせても足を運びやすいですよ。

下流の水辺の広場内にはあずま屋があり、大人が座って見ていられるようになっています。

おすすめ2:杉並区高円寺北「高円寺北公園」

高円寺北公園にある半球形の噴水は、7月上旬~8月下旬までちびっこ達の水遊び場として活躍してくれます。周りにはフラットに敷石がされているので、歩きはじめのお子さんでも安心して遊ぶことができるでしょう。

すぐそばにベンチがいくつかありますので、タオルなどの荷物を管理しやすいですよ。

おすすめ3:杉並区桃井「桃井原っぱ公園」

広々とした敷地に芝生が広がる桃井原っぱ公園は、一年を通して小川遊びができるため水遊びにももってこいの公園です。整備されたごく浅い流れのため深みにはまる心配はありませんが、要所に飾りの石が配置されている点に注意してくださいね。

休憩には芝生の上でシートを広げて、ピクニックするのもおすすめです。

おすすめ4:杉並区和田「蚕糸の森公園」

東高円寺駅からすぐの場所にある蚕糸(かいし)の森公園は、流れだけでなく池でも通年遊べる水遊びスポットです。水深は深くないですが流れまでは少し坂道になっていますので、歩きはじめのお子さんは注意してあげてくださいね。

緑豊かで広々とした公園のため、まるで林の中にいるかのような気分で遊ばせることができるでしょう。

おすすめ5:杉並区下高井戸「下高井戸おおぞら公園」

3月中旬~11月下旬まで水遊びができる下高井戸おおぞら公園には、葉っぱ型に整備されたじゃぶじゃぶ池があります。底や側面がタイル張りされているので怪我の心配が少なく、安心して歩かせられますよ。

ただし走ると滑ってしまう可能性がありますので、すぐそばで見守ってあげるようにしてくださいね。

おすすめ6:杉並区下高井戸「玉川上水第二公園」

水路を活かして作られた玉川上水第二公園は、7月上旬~8月下旬まで子どもの水遊び場としても利用可能となっています。流れに沿って木陰が多いため、暑い日でも涼みながら遊ぶことができますよ。

なお虫刺されしやすい場所でもありますので、虫よけスプレーを持って行くのがおすすめです。

おすすめ7:杉並区下高井戸「塚山公園」

縄文時代の遺跡があることで有名な塚山公園の水辺の広場では、7月上旬~8月下旬まで水遊びすることができますよ。斜面からじゃぶじゃぶ池に水が流れる仕組みになっていて、子どもが大はしゃぎしながら遊んでくれます。

池の底は小石が綺麗に敷き詰められていて、足の裏を刺激してくれそうです。

おすすめ8:杉並区井草「井草森公園」

杉並区内で一番広い井草森公園には、5月上旬~9月下旬まで解放される滝風の流れや水辺があります。水辺は本物の川のように上流・中流・下流とに分かれていて、お子さんの成長具合に合わせられるのがポイントです。

カルガモなどの水鳥が訪れる場所でもありますので、動物の観察も一緒にできますよ。

おすすめ9:杉並区和泉「和泉二丁目公園」

神田川沿いにある和泉二丁目公園内には、7月上旬~8月下旬まで楽しめる水路状のじゃぶじゃぶ池があります。こちらの水辺は少し珍しいコンクリート造りで、怪我の心配が少ないのがポイントです。

要所には飛び石も配置されていますので、お子さんを持ち上げて飛び石渡りをしてあげることもできますよ。

おすすめ10:杉並区梅里「梅里中央公園」

閑静な住宅街の中にある梅里中央公園は、7月上旬~8月下旬まで水遊びスポットとしても地域の人々に親しまれています。岩場の水源からじゃぶじゃぶ池に水が曲がりながら流れる仕組みになっていて、池に注がれるまでの道のりを観察したりすることもできますよ。

周辺は小石などが少ないフラットな地面で、裸足のまま遊ばせやすいのもポイントです。

おすすめ11:杉並区上井草「四宮森公園」

児童館のお隣にある四宮森公園には、7月上旬~8月下旬まで楽しめる小川とじゃぶじゃぶ池があります。小川は階段状かつゴツゴツした岩も配置されていますので、足腰がしっかりしてきたお子さんの水遊びにおすすめですよ。

木陰が多く、日差しを避けながら遊べるのも嬉しいですね。

おすすめ12:杉並区上井草「どんぐり山児童遊園」

どんぐり山児童遊園はどんぐりだけでなく、7月上旬~8月下旬までは水遊びにも最適な公園です。水路とじゃぶじゃぶ池の2つがありますが池は少し水かさが高いので、小さいお子さんと一緒の場合は水路で遊ばせるのがおすすめですよ。

なお蚊が多い場所でもありますから、虫よけスプレーは必須となっています。

おすすめ13:杉並区久我山「久我山中央緑地」

久我山駅からほど近い久我山中央緑地では、7月上旬~8月下旬まで噴水とじゃぶじゃぶ池で遊ぶことができます。池の中心にあるオブジェからの噴水を浴びたり溜まった水をかけたりと、歩きはじめのお子さんでも楽しめる水遊びができますよ。

ホタル祭りが開催される場所でもありますので、運が良ければ夕方にホタル鑑賞できるのもポイントです。

おすすめ14:杉並区久我山「久我山東原公園」

住宅街の中にある久我山東原公園は、泉の水が流れる小川で遊べる水遊びスポットです。7月上旬~8月下旬まで遊ぶことができ、夏の憩いの場として地元民に親しまれています。

泉周辺は岩や井戸状のオブジェがありますので、小さいお子さんは下流の方で遊ばせるのがおすすめですよ。

おすすめ15:杉並区清水「清水森公園」

森のように木々が生い茂る清水森公園では、7月上旬~8月下旬までせせらぎを楽しむことができます。鳥の水飲み場から水が流れる仕組みになっていて、水源付近は毎年大盛況。新しいお友達とも一緒に遊べる、賑やかな遊び場ですよ。

せせらぎは整備されていて段差がありますので、歩きはじめのお子さんは特に注意して見てあげてくださいね。

杉並区内の公園で子どもと水遊びを楽しみましょう!

杉並区内には噴水・流れ・池などの水遊び場が整備されている公園が、さまざまな地域に整備されていましたね。お近くの公園はもちろん環境を変えることで子どもの刺激にもなりますから、時にはお散歩がてら少し離れた場所に足を運んでみるのもおすすめです。

暑さ対策だけでなく子どもの教育にもなる水遊びはシーズン中たくさん経験させてあげたいものですから、ぜひこちらの記事を参考に区内の水遊びができる公園に遊びに行ってくださいね。

記事をもっと探す

カテゴリから探す