2020/6/19

新宿区には水遊びができる公園がたくさん!じゃぶじゃぶ池など15選

小さい内から水を体感できる水遊びは、体温調整のためだけでなく子どもの教育にも最適な野外レジャーの一つです。都内で子どもともお出かけしやすい場所といえば真っ先に新宿御苑が思い浮かびますが、その他新宿区内にある水遊びが出きる公園、みなさんはご存知でしょうか。できれば入園料がかからず、気軽に行きやすい公園で水遊びさせたいところですよね。そこで今回は新宿区で子どもが水遊びできる公園を15ヵ所紹介したいと思います。

新宿区で水遊びにおすすめの公園15選

新宿区内の公園といえばまず新宿御苑が挙げられますが、お財布の負担なしで水遊びができる場所は他にもたくさんあるのですよ。お子さんの刺激や気分転換のためにも複数の水遊びスポットを知っておくと便利ですから、ぜひ以下の各公園をチェックしてみてくださいね。

おすすめ1:新宿区西新宿「新宿中央公園」

区立の公園として最大の広さを誇る新宿中央公園は、7月中旬~9月中旬までじゃぶじゃぶ池でも遊べる区民の憩いの場です。歩きはじめのお子さんをリードしていくのにも丁度いい、なだらかな斜面で囲われているのがポイントですよ。

水かさはお子さんにとってプールほどありますので、水着や水遊びパンツの用意をお忘れなく。

おすすめ2:新宿区大久保「戸山公園」

西早稲田駅のそばにある戸山公園には、まるでプールのように整備されているじゃぶじゃぶ池があります。こちらの池は浅めですが底に凹凸がなく、浮き輪などを持ち込んで遊ぶこともできますよ。

毎年7月中旬~9月上旬に開放されていますが、その年によって変わりますので気になる方はスケジュールも併せてチェックしてくださいね。

おすすめ3:新宿区上落合「せせらぎの里公苑」

落合水再生センターが管轄しているせせらぎの里公苑では、綺麗な水が流れる水路やじゃぶじゃぶ池で通年遊ぶことができます。水深は子どもの足首ほどで深くなく、また足場も整備されているので安心して遊ばせることができますよ。

春には桜・秋には紅葉と、景観の変化があるのもポイントです。

おすすめ4:新宿区上落合「上落合西公園」

閑静な住宅街の中にある上落合西公園は、4月下旬~10月下旬まで水路で遊べる水遊びスポットです。水路のカーブ内には飛び石が続く中州状のエリアがあり、子どもが探検気分で遊んでくれますよ。

長期間楽しめる遊び場なので、残暑が厳しい日にもおすすめです。

おすすめ5:新宿区下落合「おとめ山公園」

将軍家の狩猟場の面影を残すおとめ山公園は、今なおたくさんの木々が生い茂る緑豊かな公園です。東京名湧水57選に選ばれている場所でもあり、園内には池や流れが多くあります。場所によっては足を浸けたり水に触ったりできますので、あまり濡れてほしくない日におすすめの場所ですよ。

毎年7月にはホタルの鑑賞会が行われていますので、スケジュールをご確認の上ぜひ足を運んでみてくださいね。

おすすめ6:新宿区下落合「下落合公園」

住宅街の一角にある下落合公園は、小さな流れが4月下旬~10月下旬まで楽しめるこじんまりとした公園です。足の裏に気持ちいい小石が敷き詰められているため、裸足で流れの中をじゃぶじゃぶ進んで楽しめます。

滝を水源に石組みに水が流れる凝った仕組みになっていて、子どもの好奇心も刺激することができますよ。

おすすめ7:新宿区西落合「妙正寺川公園」

新宿区~中野区にまたがって広がる妙正寺川公園では、年中流れと池が楽しめます。水に触れたり流れを利用して遊ぶタイプなので、自宅からお風呂用のおもちゃなどを持って行くのをお忘れなく。

お子さんが水に濡れることなく遊ばせられるため、気軽に足を運ぶことができるでしょう。

おすすめ8:新宿区白銀町「白銀公園」

神楽坂のそばにある白銀公園は、7月上旬~9月中旬にシャワーが開放されることで知られる区民の憩いの場です。石のオブジェに付いたシャワーから水が降り注ぎ、その下を走り回って遊ぶことができます。地面はタイル貼りのフラットな造りで、歩きはじめのお子さんも存分に楽しめますよ。

ランチのお店が多いエリアにあるため、遊んだ後のご飯処にも困りません。

おすすめ9:新宿区南元町「みなみもと町公園」

迎賓館のお隣にあるみなみもと町公園では、4月下旬~10月下旬まで霧が発生するじゃぶじゃぶ池で遊ぶことができます。霧を体感できる公園は区内では珍しく、子どもにとって貴重な体験にもなることでしょう。

霧の発生は時間が決まっていますので、詳しくは公式サイトをご覧になってくださいね。

おすすめ10:新宿区若葉「若葉公園」

起伏に富んだ四谷エリアに位置する若葉公園には、自然の湧き水を利用した流れと池があります。綺麗な水で楽しむ水遊びが年中できるため、いつでも安心して遊ばせることができますよ。

池にはスズメも集まってきますので、ちょっとした動物観察にも最適な公園となっています。

おすすめ11:新宿区百人町「百人町ふれあい公園」

百人町ふれあい公園の広場をぐるりと囲う流れでは、4月下旬~10月下旬まで水遊びが楽しめます。水深は浅く底も丁寧に整備されていて、怪我の心配はありません。周囲の岩も丸みを帯びていますので、歩きはじめのお子さんでも安心して遊ぶことができるでしょう。

広場は芝生が敷き詰められていますから、休憩用にレジャーシートがあると便利ですよ。

おすすめ12:新宿区北新宿「神田上水公園」

神田川沿いにある神田上水公園では、遊歩道沿いの流れを4月下旬~10月下旬まで楽しめます。自然石や切り石で作られているため、進むごとに変化があるのが特徴です。また長めの流れなので、お子さんが探検気分で楽しめるのがポイントとなっています。

ただしゴツゴツした石ばかりなので、しっかり歩けるようになってからお子さんを遊ばせるようにしてくださいね。

おすすめ13:新宿区北新宿「北柏木公園」

住宅街の中に位置する北柏木公園内には、ウッドデッキに沿って流れる水路があります。この流れでは4月下旬~10月下旬まで水遊びすることができ、デッキに座って足を浸けたり中に入ったりとさまざまな遊びができますよ。

デッキはフラットで休憩だけでなく、荷物管理もしやすい造りとなっています。

おすすめ14:新宿区四谷「若葉東公園」

迎賓館の正門前にある若葉東公園内には、通年楽しめる噴水があります。バードバスから水が流れ出るようになっていて、その水をかけ合ったりおもちゃに利用したりして遊ぶことができますよ。

水が溜まる池は小さいので、お子さんがびしょ濡れになることなく水遊びを楽しめるでしょう。

おすすめ15:新宿区戸山「戸山東公園」

国立国際医療研究センターのお隣にある戸山東公園では、4月下旬~10月下旬まで流れを利用して水遊びすることができます。要所に飛び石やじゃぶじゃぶ池として遊べる溜池がある長めの流れで、お子さんの成長に応じて楽しむことができますよ。

流れを囲う縁は段差になっていますので、お子さんが転ばないように注意してくださいね。

新宿の水遊びができる公園でお子さんと楽しいひと時を!

新宿区内には色々なエリアに水遊びができる公園があることが分かりましたね。それぞれ噴水・流れ・池など違った工夫がされていますから、時には少し足を延ばして別の公園に行ってみるのもお子さんにとって良い刺激になるはずです。

水遊びは学びとしても暑さ対策としても最適なレジャーですから、シーズン中はなるべくたくさん経験させてあげてくださいね。新宿にお出かけの際はこちらの記事を参考に、お子さんと一緒に公園で水遊びを楽しみましょう。

記事をもっと探す

カテゴリから探す