2020/6/26

休みの日は近くの図書館に行ってみよう!熊本市にある図書館をご紹介

お金をかけずにいつでも気軽に利用することができる図書館は親子連れには定番のスポットですね。そんな図書館ですが、実は本を借りるだけではなく子ども向けのイベントも行っていて、親子連れにはおすすめのスポットです。初めて子どもと一緒に図書館に行く人や、図書館に行ったことはあるけれど親子で楽しめるイベントを知りたい人に向けて、熊本市にある8つの図書館それぞれの特色と開催されるイベントについて紹介します。

熊本市にある図書館8選

これから親子で図書館デビューしようとしている人はもちろん、親子で図書館をよく利用する人も図書館で行われているイベントに参加したことはあるでしょうか。

熊本市にそれぞれある図書館では、親子で楽しめるようなイベントがたくさん行われています。ここでは熊本市にあるおすすめの図書館を8選ご紹介します。この機会に図書館での遊び方を再発見してみるのはいかがでしょうか。

おすすめ1:熊本県立図書館

熊本県立図書館は、1階に子ども図書室があります。中にあるおはなしのへやでは毎月おはなし会が開かれています。土ようおはなし会の他、プレママと赤ちゃんのおはなし会では、0歳児向けのおひざにだっこ、1歳~2歳向けのよちよちあんよのおはなし会があります。

その他にも幼児と学童が対象のおはなしの時間もありますよ。絵本のコーナーは、赤ちゃん向けの絵本・幼児向けの絵本・学童以上向けの絵本の3つに分かれています。1階には授乳室があるため、赤ちゃんと一緒にお出かけが可能です。

おすすめ2:熊本市立図書館

熊本市立図書館は、絵本の読み聞かせや手遊び、わらべうた、語りなどが熊本市立図書館ボランティアの方々によって行われています。

おはなし会は対象別に別れており、0歳児とプレママ・プレパパのおはなし会、1~2歳児のおはなし会、3歳からのおはなし会、小学生からのおはなし会、語りのおはなし会・紙芝居などが行われています。第二土曜日には「こどもえいがかい」も開催されますよ。

おすすめ3:熊本市立城南図書館

熊本市立城南図書館は、子どもの年齢別に分かれたおはなし会が行われています。0歳児とプレママ・プレパパのおはなし会や、1~2歳児のおはなし会、3歳からのおはなし会、小学生からのおはなし会、語りのおはなし会・紙芝居などが毎月行われています。

また、熊本市児童館は、遊んだり学んだりすることのできる場所です。乳幼児から小学生までの児童が無料で利用することができますよ。館内には授乳室も設置されています。

おすすめ4:熊本市立熊本森都心プラザ図書館

熊本市立熊本森都心プラザ図書館は、3階にある児童書コーナーの近くに読み聞かせなどを行うおはなしの部屋があります。

おはなしの部屋では、おひざにだっこのおはなし会、おひさまようびのおはなし会が行われています。おひざにだっこのおはなし会は、乳幼児とその保護者を対象としており、おひさまようびのおはなし会は、幼児と小学校低学年の子どもが対象になります。おはなしの部屋には、子ども用トイレや授乳室もありますよ。

おすすめ5:北野さんちの絵本部屋

北野さんちの絵本部屋は、子どもも大人も気軽に利用できるように実際の家庭にある絵本部屋を開放しています。

こちらでは月の恒例行事として、お話しかいやほっこり子育てひろばなどのイベントが開かれています。ほっこり子育てひろばは、絵本を読んだり、わらべうたなどで遊んだりしながら、ママやパパが子育てについて気軽に何でもお話しできる会です。手作りのおもちゃがたくさんあるので子どもも楽しく遊べますよ。

おすすめ6:熊本市立植木図書館

熊本市立植木図書館は、絵本の読み聞かせや手遊び、わらべうた、語り、紙芝居などが行われています。

その他、紙芝居おじさんのお楽しみ会やおひざにだっこのおはなし会、朝のおひざにだっこのおはなし会などが毎月行われています。

紙芝居おじさんのお楽しみ会は、親子で参加するお楽しみ会になります。おひざにだっこのおはなし会と朝のおひざにだっこのおはなし会は、乳幼児とその保護者を対象にしたおはなし会です。

おすすめ7:熊本市清水公民館

熊本市清水公民館の図書室では、毎月の恒例行事としてお話し会が行われています。小さい子のおはなし会、おはなしのへや、夏・冬のおはなし会があります。

小さい子のおはなし会は、0歳児が対象の会、1歳児~2歳児が対象の会がありそれぞれ違う日に開かれています。

おはなしのへやは、3歳児~6歳児が対象で、日によって前半と後半に分けて開催、後半は7歳以上の子どもが参加できます。

おすすめ8:熊本市秋津公民館

熊本市秋津公民館は、図書室では毎月の恒例行事としておはなしのへやが行われています。

こあらのへやは0歳児対象、ぺんぎんのへやは1歳児~2歳児が対象、らっこのへやは3歳児が対象、ぞうのへやは6歳以上の子どもが対象になります。

また児童館では朝に身体測定やカレンダー作り、その他季節に応じた、誰でも参加できるイベントがあり、乳幼児から参加することができますよ。

わくわくタイムは、就園前の子どもとその保護者を対象とした活動で、その年に3歳もしくは4歳の誕生日を迎える子どもなら誰でも参加することができます。

子どもの年齢に合わせたイベントがたくさん

熊本市内にある図書館は、おひざにだっこ、よちよちあんよなど子どもの年齢別に分かれたおはなし会や、これからママ・パパになる人に向けたおはなし会など、それぞれの年齢の子どもがより楽しめるようなイベントがたくさんありました。

熊本市の図書館では、おはなし会が終わった後に子育てについての情報交換ができる場が設けられているところもあるため、ぜひ活用するとよいでしょう。

子どもの成長に合わせていろいろなおはなし会に参加できるのは魅力的ですね。子どもと一緒にイベントに参加するのが初めてだという方も安心して参加することができますよ。

記事をもっと探す

カテゴリから探す