2020/6/29

キャンプをしに大子広域公園にいってきました!

関東でとても人気のあるキャンプ場、茨城県の大子広域公園にいってきました。ここは隣に大きな公園がついていたり、施設内に温泉施設がついていたり子どものいる家にはいたせりつくせりなのです。ちなみにこの時期が冬だったので温水の室内プールだけだったのですが、夏になると屋外プールがついた施設が近くにあって子どもにとっては最高のパラダイスでした。また行けたら行きたいと思う施設のひとつです。

関東一人気のキャンプ場へ!

ずっと気になっていた大子広域公園。何といっても関東一人気のキャンプ場ということでファミリーに人気とのことでようやく念願叶いました。

今回は私たちは車で出発しました。ところが難点がひとつ、高速のインターを降りてからが遠くかなり時間がかかるんです。

子ども連れだと「まだ~」のコールが続きます。あとは高速降りてキャンプ場に近くなってくると何もお店がなくなってくるので、なるべく早めに出発して、ショッピングがてら子どもに息抜きさせながら、といった感じで行くのがいいと思います。

うちも子どもたちをなんとかなだめながらようやく到着。

Ⓒアチコチ

とてもきれいな施設なのでトイレもお風呂も子どもがいても安心です。この中に温泉があって、施設を利用すれば大人500円、子ども300円で入ることができます。ちなみに露天風呂もあって最高のお風呂です。

Ⓒアチコチ

道幅も広いので子どもと車の距離が近くならないのも高ポイント。

Ⓒアチコチ

そんなに大きい遊具じゃないですが、小さい子どもなら十分楽しめるくらいの遊具もキャンプ場の施設内にあります。

もっと遊具もあるのですが、残念ながら少し距離があるため子どもたちには申し訳ないのですがキャンプ場内ではここで楽しんでもらいます。

でもこの遊具だけじゃなく、敷地が広く芝生が広がっているので何か遊ぶものを持っていけばサイトの近くで遊んだりも全然できそうな感じです。

ちょっと歩けば子どものパラダイス!

Ⓒアチコチ

まず序盤に整備中でしたが先ほどより少し大きな遊具があります。その先へ行くと

Ⓒアチコチ

こんな長い滑り台があります。(これは下から撮った図です)これだけ長いので左側の階段をひたすら登らないと行けません。これが相当きついんですが子どもたちには全然平気なようです。

Ⓒアチコチ

ガンガン登ってます。これがきついよって子どもさんがいても大丈夫安心してください。この滑り台の下には、比較的登りやすい滑り台と遊具もあります。

Ⓒアチコチ

Ⓒアチコチ

これでも一汗。さらには…

Ⓒアチコチ

こんなデザイン的な遊具もあります。左手に見えるのがお手洗い。さっきのキャンプ場まで戻らなくていいですね。

どこにいっても飽きさせないほど遊具があるので本当に早めに到着しておいたほうがいいです。もしくは2泊はしないと遊びきれないかもしれません。なぜってこの通ってきたルートあたりにプールもありまして、そこには滑り台つきのパラダイスがまたあるからです。

私たちは2日目に温水プールと温泉(ここにも小さいけど温泉があるのです)をちょっと楽しんだんですが、残念ながら滑り台は120cm以上じゃないと滑れなくて、下の子がぎりぎり滑れないという悲しい事態になったので、必然的に上の子も滑れなくなりました。(ケンカするので)

夏になれば波の出るプールやスライダーなどの屋外のプールも楽しめて、お風呂もあって最高なので夏には絶対行きたいと心に誓いました。

しかもこのプール、1日で大人810円、小学生500円、6歳未満300円、夏になれば大人1,220円、小学生710円、6歳未満400円、午後5時からのナイター券(8時まで)オールシーズン大人500円、小学生300円、6歳未満200円で安いのです!この規模ならもっとするよね?と思わず旦那と顔を見合わせてしまいました。

キャンプ好きな子どもたちも大満足な高規格

Ⓒアチコチ

これはめちゃくちゃ簡単、バナナを普通に焼いた焼きバナナに切れ目を入れてチョコを挟んだチョコバナナです。ちょっと非日常になるだけで子どもたちにとっては最高の思い出になります。

夜はもちろん焼きマシュマロでフィーバーしていました。体を散々使ったので温泉でスッキリしたあとはいい気持ちで夢の中へ。大人はゆったりのんびりと夜の時間を過ごしました。

子どもの遊べるところに行けば子どもも満足、大人もゆったり!

Ⓒアチコチ

なんだかんだ全て子どもの楽しめるものばかりの子どもメインの旅行だなと思いきや、案外子どもたちがスカッと寝てくれるので大人も夜はのんびりと過ごせる時間が最高で、とても素敵な旅行となりました。

口コミ通り、本当にいたせりつくせりのキャンプ場でまだまだ滞在していたかったのは子どもと同じように私たちも感じていました。ここまでいろいろ近くで遊べるのはなかなかないスポットですね。また絶対遊びに行きます。

この記事で紹介した施設はこちら

記事をもっと探す

カテゴリから探す