2020/6/1

雨の日でも大丈夫!オービィ横浜

みなとみらいの5階にあるオービィ横浜は動物と触れ合える屋内動物園として有名です。室内なので、雨に濡れる心配や、夏の暑さや冬の寒さに悩む必要もないので、小さなお子様と親御さん向けです。今回は、2018年12月に2歳の息子と祖父母と三世代で行ったときの体験談を元に、魅力たっぷりのオービィ横浜をおすすめさせていただきます。

他の動物園にはない、オービィ横浜だけの魅力

Ⓒアチコチ

オービィ横浜の最大のメリットといえば、やはり立地です。みなとみらい駅直結という利点は大きいですね。その上、空調完備で屋内のため日焼けもしないので最高です。私たちも公共交通機関を利用して行きました。

チケット売り場では、たくさんのぬいぐるみがお出迎えしてくれます。入館料のみを支払うこともできますが、初回は入館料+フリーパスのパスポートを購入されるのをおすすめです。

オービィ横浜で一日中遊ぶことができるので、初めてのときはいろいろなエキシビションを試してみて、次からは入館料のみでも楽しめるスポットを回ったり、お気に入りのエキシビションに的を絞って遊んだりすることもできますね。

入館後はまず整理券をゲット

Ⓒアチコチ

入館したらまず整理券をゲットされた方がいいです。カピバラやアルマジロ、リクガメと触れ合えるアニマルガーデンは大人気で混雑が予想されます。我が家でも、11時半ごろに到着し14時半の整理券をもらいました。

整理券をもらったら、その時間までは自由です。まず始めに4Dシアターでマウンテンゴリラの立体映像を見ました。当時2歳の息子には少し刺激が強かったのか、「怖い」と言って途中で4Dメガネを外してしまいました。

上映中は怖かったようですが、終わってからもずっと「ゴリラさんいたね」と言い続けていたので、それなりには楽しめたようです。

家族の思い出をアニマルセルフィーで残そう

その後我が家ではアニマルセルフィーを楽しみました。画面の前に立つと、CGとの合成で動物になった姿で写真を撮れます。シマウマやパンダになれたり、魚やクリオネなどと一緒に写真を撮れば、いい記念になります。

手持ちのスマホでも写真は撮れますが、オービィ横浜内は薄暗く、写真を撮るのは少し難しかったです。我が家では、アニマルセルフィーで撮った写真を記念写真にして持ち帰りました。シングルだと1,000円(税込)、写真5枚のコラージュだと2,000円(税込)です。

お昼ご飯も楽々です

お昼ご飯を食べるのに、一度オービィ横浜を出て4Fのレストランエリアへ行きました。みなとみらいの4Fには、子ども用の小さなイスのあるフードコートがあり、カフェやレストランなどもたくさんあります。選択肢が豊富なので、食べたい物が絶対に見つかるはずです。

同じ建物の中に全てが入っているというのは想像以上に便利でした。移動が楽で、オービィ横浜に来館したお客さんたちも分散されるので、どこもそれほど混雑しておらず待ち時間なしでご飯を食べることができました。近くに赤ちゃん休憩室もあり、おむつ替えや授乳ができるので、ベビーを連れたママやパパも安心です。

アニマルガーデン

お昼ご飯を食べたら、お待ちかねのアニマルガーデンです。整理券をもらっていましたが、それに記載されている時間よりも少し早めに行って並びました。触れる動物は3種類です。

カピバラ、アルマジロ、リクガメです。のんびりした動物達で、触られてもストレスを感じにくく、危険性が低い動物達が触れるのだと思います。我が家の息子は、間近で見られる動物達に大喜びでした。

Ⓒアチコチ

アルマジロは遠くて触れなかったのが残念でした。

Ⓒアチコチ

リクガメも怖かったのか、息子は触ろうとしませんでした。

Ⓒアチコチ

カピバラは触れてうれしそうでした。

Ⓒアチコチ

ちなみに息子のお気に入りは、オニオオハシという鳥でした。フライトトレーニングでも活躍するみたいなので、次回はぜひ見に行きたいエキシビションです。

キャットパラダイス

猫好きさんやお家では猫を飼うことのできない猫ファンさんたちにおすすめなのが、キャットパラダイスです。さまざまな種類のかわいい猫ちゃんたちがいるので、かわいい仕草を見ているだけで幸せな気分になれそうです。

ペットを飼っていなくて普段から動物と共に暮らすことのない息子にぜひ猫と触れ合ってほしかったのですが、あまりにも列と待ち時間が長かったので、この日は断念しました。機会があれば、ぜひまた挑戦してみたいと思います。

オービィ横浜は意外と癒やしの空間

当時、私は第2子を妊娠しており2歳の息子を連れでの外出がしんどかったので、長男を主人に預けオービィ内のベンチで休憩していました。

自販機も園内にあり休憩には持ってこいです。意外と座るところが多く、空調完備で明るくなかったのでベンチに腰かけ仮眠を取らせてもらいました。

その間も長男は、昆虫の世界観が楽しめるメガバグズというプレイランドで遊んだり、おじいちゃんとアニマルセラフィーを取ったりして遊んでいたようです。

地球飛行アースクルージング

地球飛行アースクルージングは、入館者はいつでも見ることができます。スクリーンに映し出される地球の上空の映像は旅好きにはたまらないです。2歳の息子には少し退屈だったのか、すぐに他に興味が移り、「早く行こうよ」と言っていました。

「シアター23.4」に行く前に、トイレでおむつを替えました。おむつ替えシートは多目的トイレにしかついておらず、多目的トイレが一つしかなかったので、少し並ぶ必要があり、多少待ち時間が発生しますが、そこまでひどくはありませんでした。

シアター23.4でお子さんと一緒に映像を見てみよう

Ⓒアチコチ

最後は、日本最大級のスクリーンで映像が見れる「シアター23.4」で、当時上映していたペンギンのプログラムを見ました。お目当てのプログラム、「子犬のポピー」ではなかったものの、ペンギンの習性や生態について知る事ができ、大人にとっても興味深い内容でした。ペンギンの語り口調で物語が進むので、難しい単語や用語は出てこず小さいお子さんでも大丈夫です。

皆さんも、お子さんに「動物園行きたい」と言われたけれど、雨が降っているや予報では雨になっているという経験はありませんか?そんな時には、ぜひオービィ横浜に足を運んでみてくださいね。

立地よし、設備よし、楽しいエキシビションありなので、小さなお子さん連れのご家族でも一緒に楽しめること間違いなしです。

この記事で紹介した施設

記事をもっと探す

カテゴリから探す