2020/5/26

未就学児も大人と一緒に入れる青森県のプールを室内・屋外どちらもご紹介

小さい子供は、お風呂でもお庭でも、どこでも水遊びを始めると夢中になって遊んでくれます。そんな子供を連れてプールになんて行けば、もう喜ぶ顔が目に浮かびますよね。しかし場所によっては子供が入りにくいなんて所も。そこで今回は、青森県にあるプールで子供と一緒に入れる施設を調査してみました。室外や室内、幼児プールの有無などの詳しい情報もまとめてご紹介しているため、子連れでプールをお探しの方はぜひご参考にされてみて下さいね。

未就学児から入れる青森県にあるプールをご紹介

小さいうちはまだうまく泳げない子供もたくさんいます。いきなり大きなプールというよりも、できれば子供用のプールなどがあると助かります。これからご紹介する青森県の未就学児から入れるプールをご参考にしていただき、素敵な思い出づくりにお役立て下さいね。

おすすめ1:青森県平川市「平賀屋内温水プール」

室内運動場やテニスコートなどが併設した多目的総合運動施設の中にあるこちらの室内温水プールは、25mプールと幼児プールの二種類のプールがあります。おむつの取れていない子供でも、水中おむつを着用すれば利用可能なため、気にすることなく遊泳することができます。

1日4回の利用時間にわかれており、1回あたりの料金は大人310円、子供は小学生から有料ですが、幼児は無料です。小さな子供連れでも水遊びを満喫できるおすすめの施設です。

おすすめ2:青森県三沢市「三沢市屋内温水プール」

市民の美容や健康づくりのための教室など、地域の方々に親しまれているこちらの施設には、25mプールをはじめ、ウォータースライダーやジャグジーなどがあり、小さな子供も楽しめる幼児プールまであります。

おむつの外れている幼児であれば中学生以下は110円で利用する事ができます。同伴する保護者も、施設内では必ず水着と水泳帽の着用が必要なためあらかじめ用意しておくとよいでしょう。夏でも冬でも一年中利用でき(休館日はご確認ください)るおすすめの施設です。

おすすめ3:青森県弘前市「城北ファミリープール」

夏の間のみ営業(営業日は年々異なるため要確認)されているこちらのプールは、流水プール(1週138m)をはじめ、3レーンあるウォータースライダー(長さ25m)やスライダープール(深さ0.5〜0.6m)などがあり、市内や県内はもちろん、県外からの人々も多く訪れます。

また、深さ0.3m〜0.4mの幼児プールもあるため、おむつが外れた子供であれば保護者同伴で楽しく遊ぶ事ができます。1日に3回の開場時間に分けられており、休場は火曜日(夏休みは無休)です。児童・小学生は1回110円と低価格で利用できるため、家族で存分に満喫できるおすすめの施設です。

おすすめ4:青森県上北郡東北町「小川原湖交流センター「宝湖館」」

館内に温泉や多目的ホールなどがあるこちらの施設には、夏だけでなく冬でも利用できるプールがあります。25mプールと流水プールの2種類あり、料金は町外の高校生以上なら450円(町内は300円)、中学生以下は150円(町内は100円)で利用できます。

4月から10月の間は午前9時から午後8時まで、11月から3月の間は午後1時から午後8時までの営業となっており、キャップと水中メガネが必要です。プールで存分に楽しんだ後には、小学生未満は無料で入れる館内の温泉でゆっくり温まることができる、親子で十分楽しめるおすすめの施設です。

おすすめ5:青森県三戸郡南部町「バーデハウスふくち」

健康や体力づくりを目的とした施設です。世界初の並列した運動浴槽としてのスポーツゾーンには、運動浴プールや歩行浴プール、スイミングプール(25m)と健康を考えたプールがあり、子供に人気のレジャーゾーンにはウォータースライダーや流水プール、幼児プールまであります(流れるプールは室外のため夏季限定)。

3歳以上の幼児から利用でき、子供から大人まで楽しむ事ができます。入場料には温泉入浴料も込みのため、プールを楽しんだあとにはゆっくり疲れを癒せるのも魅力的です。

おすすめ7:青森県五所川原市「し~うらんど」

国内でも数少ない本格的なタラソテラピー体験をできるこちらの施設の室内には、げんき海プールがあります。4歳以上の子供であれば保護者同伴で入る事が可能ですが、プール内は成人向けの水深部もあるため、身長の満たない子供はアームヘルパーを利用すると安心です。

4歳以下(3歳)は子供用プールのみとなりますが、泳げない子供の水慣らしなどにもぴったりで、しかも料金は無料です。保護者2名で行き、交代しながら子供に同伴すると効率もよいですね。大人も子供も楽しめる事間違いなしのおすすめの施設です。

おすすめ8:青森県上北郡おいらせ町「おいらせ町民プール」

青森県の東部に位置するおいらせ町にある市民プールは、下田公園の体育施設の一つで公園の東側にあります。市内はもちろん市外の方まで無料で利用できる室内プールです。開館期間は6月から9月まで(無定休)となっており、プール水は温水ではありませんが、太陽光を利用した屋根と外壁の素材により、温室効果で暖かい造りとなっています。

午前と午後、夜間の3部に分かれた遊泳時間となっています。施設内には25mプールと幼児プールがあり、小学2年生以下は保護者の同伴が必要です。小さな子供から大人まで気軽に利用できるおすすめのプールです。

楽しみながら水に慣れましょう

プール

PIXTA

近年の夏は非常に暑く、外で遊ぶのが難しいことも多くありますよね。そんなときに、プールはとても助かる施設です。水の中で動くことは非常に体力を使うため、楽しく遊んだあとは子供がぐっすり寝てくれます。親にとっても非常に嬉しいですよね。

はじめは顔に水がかかるのを嫌がるような子でも、何度か遊ぶうちに気にしなくなったり、バタ足が徐々に上手になったりと、何度も通うと子供の成長を目の当たりにすることができます。子供と一緒に、大人も思う存分遊んでみてはいかがでしょうか?

記事をもっと探す

カテゴリから探す