2020/6/22

連休を作ってファミリーキャンプへ!秋田県にある子供連れにおすすめのキャンプ場をご紹介

秋田県といえば、なまはげ、温泉、お米、きりたんぽ、稲庭うどん、いぶりがっこなど有名な食べ物や風習などがすぐに思い浮かびますよね。観光名所としてさまざまな楽しみ方がある秋田県ですが、キャンプをするのにもおすすめです。温泉があるキャンプ場や子どもが喜ぶアスレチックがあるキャンプ場など、秋田県ならではのキャンプが楽しめること間違いなしですね。ここではそんな秋田県内にある未就学児も楽しめるようなキャンプ場を8ヶ所ご紹介します。

秋田県でファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場をご紹介

観光場所として人が集まる秋田県ですが、他とはちょっと違った楽しみ方をしてみるのも良いかもしれません。キャンプではただ遊ぶだけではなく、子どもの学びの場、親子の絆が深まる場所でもあります。ここでは秋田県にある子ども連れOKのキャンプ場を8ヶ所ご紹介します。この機会にファミリーキャンプをしてみるのはいかがでしょうか。

おすすめ1:仙北市「田沢湖オートキャンプ場 縄文の森田沢湖」

田沢湖オートキャンプ場縄文の森田沢湖は、河畔の近い「くにますサイト」と、山側で眺めの良い「いぬわしサイト」の2つに分かれています。

くにますサイトには洗濯機と乾燥機が常備されていたり、洗面所には子ども用のトイレとベビーベッドがあったり子連れにうれしいポイントがそろっています。洗面所の前には自動販売機も。

また、こちらの施設は他のキャンプ場にはあまりない珍しい縄文風のバンガローもあり、円形のフロアには照明、コンセントがついていて大人が5人ほど入れる広さになっています。営業期間は4月~11月までの間になります。

おすすめ2:大館市「大館市ベニヤマ自然パーク」

大館市ベニヤマ自然パークは、キャンプ広場とコテージ以外にもパーク内に小さい子どもから遊べるすべり台、スカイロープ、ブランコなどの大型複合遊具やアスレチック遊具があるのがおすすめポイントです。

ここのコテージは、シャワー室や洗面所、トイレも完備。他にも台所には冷蔵庫や調理に必要なガス器具、食器全般が常備されているため、必要な食材を用意するだけでOKです。

室内にはエアコンも設置してあるので夏も快適に過ごせるのが子連れにとってはうれしいポイントです。こちらの施設は冬の間は休業するため、利用できる期間は4月中旬~10月の間です。

おすすめ3:北秋田市「秋田県立北欧の杜公園」

秋田県立北欧の杜公園は、子どもが遊べる恐竜ケーブルや大きなすべり台など11種類の遊具がある、わんぱく広場があります。水鳥の池や野鳥展望舎もありますよ。公園内の雰囲気もそうですが、パークセンターはフィンランドで加工して輸入した木材で造られており、こだわりが感じられますね。

こちらにはレンガの壁がおしゃれなレストランや授乳室、ベビーシートがあります。公園内は広いですが、エリアごとにトイレが配置されています。

キャンプ場内には、大小選べるコインシャワーや洗濯機と乾燥機が数台用意してあります。炊事場のそばにトイレがあり、洗い場は給湯設備と照明センサー付きなのも安心です。

トレーラーハウスには、ガスは使えませんがIH調理器やレンジ、冷蔵庫、エアコンや電気ポット、電気炊飯器、食器類もたくさんそろっているため、初心者にも優しいキャンプ場です。

おすすめ4:男鹿市「なまはげオートキャンプ場」

なまはげオートキャンプ場は、全70区画のテントサイトやキャンピングカーサイト、コテージがあります。コテージにはキッチン、トイレ、シャワー室、ロフトスペース、テラスなどがあり、小さな子ども連れでもゆったりとキャンプが楽しめます。冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器、調理器具などはありますが、食器と調味料、タオルは持参する必要があります。

数量限定ではありますが、食器と調味料は売店で販売されていますよ。また、炊事場、シャワー室、コインランドリー、トイレなどのサニタリー施設は敷地内に3ヶ所あります。

おすすめ5:雄勝郡東成瀬村「ぽよよんの森オートキャンプ場」

ぽよよんの森オートキャンプ場は、テントを張るのもよいですが木々に囲まれたバンガローがおすすめです。ベランダに炊事場と木製テーブルとイスが設置されており、自然を満喫することができます。

ぽよよんの森遊び場には、見晴らし台、ミニアスレチック、森のブランコなど子どもが遊べる物もそろっていますよ。他にはシャワールーム、女子トイレ、男子トイレ、森林喫茶、調理場、洗濯機と乾燥機が設置されており、洗濯機は無料で利用できます。

キャンプ場の真下を流れる成瀬川は浅瀬が続いている川で子どもも楽しく遊べそうですね。ここではイワナやヤマメが生息していますよ。田んぼにはオタマジャクシやヤモリを見つけることもできるので、野山を散策するのも楽しそうです。

おすすめ6:山本郡八峰町「御所の台オートキャンプ場」

御所の台オートキャンプ場は、芝生の広場を中心にテントが張れるフリーサイトやキャンピングサイトがあります。貸し出しテントもあるため、できるだけ荷物を増やしたくないという場合はレンタルするのもよいでしょう。

また、キャンプ場周辺は、近くに産直施設や滝の間海岸やはちもり観光市など観光スポットがたくさんあるのが魅力の一つです。産直施設ぶりこでは地元の新鮮な野菜や魚介類、山菜などが販売されています。

海の間海岸では、カニや小魚を探したり、年間通して釣りができる場所ですので、釣り道具を持って行って釣りを楽しむこともできます。どちらもキャンプ場から徒歩で行ける距離ですのでおすすめですよ。

はちもり観光市では季節の旬な魚介類が揃っています。土日のみの開催で、こちらは車で5分程で行けますよ。キャンプ場にはトイレは2ヶ所あり、炊事場には照明灯があるので夜も安心です。

おすすめ7:仙北市「休暇村乳頭温泉郷キャンプ場」

休暇村乳頭温泉郷キャンプ場は、ブナの森に囲まれた緑豊かなキャンプ場です。こちらでは手ぶらでキャンププランがあり、テントとキャンプ道具と食材が一式そろっているため、特にキャンプ初心者にもおすすめです。

館内施設には郷土ビュッフェを楽しめるレストランがあり、地元の米あきたこまちを使用してしたメニューやいぶりがっこもあります。売店にはきりたんぽや稲庭うどんなど秋田県を代表とする食材が販売されていますよ。

おすすめ8:仙北市「田沢湖キャンプ場」

田沢湖キャンプ場は、目の前に田沢湖が広がるキャンプ場です。フリーサイトは林間にあり木陰が多いので日差しを避けることができますよ。バンガローは普通のものと雨でもBBQができるテラス付きのものがあります。電灯とコンセントの設備があり、寒い時期にはファンヒーターが1日500円で使用できます。

ベルテントは夏季は風通しの良いシェードとしても利用できます。キャンプ場には多目的トイレも設置されています。ここには手作りの石窯レンタルがあり、調理器具と食材を持って行けば手作りのパンやピザが焼けますよ。調理器具はレンタルもあります。

秋田の自然を生かしたキャンプ場を楽しみましょう

秋田県にある子連れにおすすめのキャンプ場を8ヶ所ご紹介しました。秋田県は、森や川、湖など自然を満喫できるキャンプ場が多く見られました。自然の中で虫や魚を観察するのもおもしろいかも知れませんね。もちろん子どもが大好きなアスレチックがあるキャンプ場もあります。

その他には初心者向けのキャンプ場もあるため、かさばる荷物を用意することなくお手軽に行けるのも魅力ですね。近くに観光スポットがあるキャンプ場では、行き帰りに秋田県の名産品を買うことができるので寄ってみるのもよいかも知れません。

記事をもっと探す

カテゴリから探す