2020/6/3

休みの日は近くの図書館に行ってみよう!東京都練馬区にある図書館をご紹介

新書から文庫本、雑誌まで種類豊富な図書を無料で借りることができる図書館は、市民にとって嬉しい施設ですよね。しかし、図書館は図書を借りるだけの施設だと思っていませんか?実は、図書館は本を借りるだけの場所ではありません。会議室として使用したり、DVDを閲覧したり、本の読み聞かせが開催されたりと多用途化しているのです。その中で今回は、子供と初めて一緒に図書館に行く人や親子で楽しめる図書館のイベントなどを知りたい人に向けて、乳幼児と一緒に楽しめるイベントを開催している練馬区の図書館を紹介します。

東京都練馬区にある図書館8選

図書館は静かなイメージで、子供を連れて行くスポットだとは思えない方もいるでしょう。しかし、練馬区にはぜひ子供と一緒に行ってほしい図書館が多数あります。初めての図書館選びにお困りの際に参考にしてみてくださいね。

おすすめ1:練馬区「光が丘図書館」

こちらは、都立光が丘公園内に位置する「光が丘図書館」です。所蔵数は約35万点と練馬区で最も多く、区立図書館全館の中央館として多くの区民に親しまれています。公園内に建てられているため、その立地を活かした開放的な作りは気持ちよく読書ができると好評です。

児童コーナーには円形のおはなし部屋や乳幼児にはベビーベッドやベビーチェア、授乳スペースも用意されています。子供向けのイベントは「おはなし会あかちゃんのじかん」や「おはなし会おやこのじかん」「おはなし会ひとりできけるこのじかん」などが定期的に開催されており、子供の年齢に合わせたイベントに参加できます。

おすすめ2:練馬区「稲荷山図書館」

こちらは、清水山の森、稲荷山憩いの森という緑豊かな自然の中にある「稲荷山図書館」です。この図書館は、練馬区内でも珍しいコーナーを設けていることで有名です。一般的な図書コーナーや子供向けの各コーナーに加えて、昆虫コーナーを設けています。

昆虫コーナーでは、昆虫にまつわる図書をはじめとして、標本や昆虫クイズ出題機を備えています。夏には昆虫教室も実施しているため、男の子には特に楽しい図書館でしょう。

子供向けのイベントでは、乳幼児向けに「ひよこのおはなしかい」水曜日にと土曜日には「おはなし会」「よみきかせ」を開催しています。時期によっては「スペシャルおたのしみ会」もありますよ!

おすすめ3:練馬区「関町図書館」

こちらは、平成29年4月にリニューアルオープンした「関町図書館」です。リニューアルによって、幅広い年齢層の方が利用しやすいようにグループ学習室や休憩コーナー、授乳室やベビーカー置場などの設置が行われました。ゆっくりと読書を楽しめるよう、細かい配慮が行き届いた図書館となったのです。

この関町図書館の最大の特徴は、布の絵本の所蔵数が練馬区内最多というところです。他の図書館ではなかなか見られないさわって楽しむ布の絵本は、子供の好奇心をかきたてます。また、子供向けのイベントでは「乳幼児向けおはなし会」「おはなし会」「テラスでおはなし会」が開催されています。

おすすめ4:練馬区「こどもと本のひろば」

こちらは、南大泉図書館の分室として平成25年に開館した「こどもと本のひろば」です。乳幼児から小学校低学年までの子供たちのため、保護者が安心して子供と共に読書や事業を楽しめる空間づくりがされています。

乳幼児向けの図書、育児などの図書が豊富に所蔵され、隣接する保育園と連携したプログラムを実施するなど、子育て世帯にも優しい図書館です。イベントの中には、通常の読み聞かせだけでなく、「えいごdeおはなし会」や「ふゆのおたのしみ会 おとでからだをうごかそう!」など新しいことに挑戦したり体を動かしたりするものもありますよ。

おすすめ5:練馬区「大泉図書館」

こちらは、バリアフリー化されどなたでも利用がしやすい「大泉図書館」です。この大泉図書館には子供も喜ぶ「アニメーションコーナー」が設置されています。

実は、練馬区はジャパンアニメーション発祥の地で、東大泉に東映アニメーションもあることからアニメには縁があるのです。

また、大泉図書館には屋上に庭園があるため、天気の良い日には外でゆっくりと読書を楽しむのもおすすめです。子供向けのイベントでは、乳幼児対象の「おてての会」があります。授乳室が備わっているので、ぜひお気軽にご参加くださいね。

おすすめ6:練馬区「南田中図書館」

こちらは、練馬区立南田中小学校の敷地内にある立地が珍しい「南田中図書館」です。小学校の敷地内ということで身近に感じる図書館として、区民の方々に親しまれています。

この図書館では、種類豊富なイベントが定期的に開催されています。乳幼児向けおはなし会である「ニコニコあかちゃん」や毎週土曜の読み聞かせとして「土曜おはなし会」、

その他にも「あおぞら紙芝居」や「本の探検ラリー」など、さまざまなイベントがあります。各小学校との連携事業もあるため、乳幼児から小学生まで楽しめる図書館なのです。

おすすめ7:練馬区「平和台図書館」

こちらは、館内の設備が充実しており利用しやすい図書館「平和台図書館」です。2階にある子供向けのコーナーには、靴を脱いで上がるカーペットコーナーがあり、親子で座りながらゆっくり絵本を読めます。

授乳室やベビーカー置場もあるため、散歩がてらベビーカーで来館することもできます。子供向けのイベントが充実しており、乳幼児向けに「おひざのうえのおはなし会」や短時間で楽しめる「ちょこっとよみきかせ」、珍しい「らくごであそぼう!こどもへいわだいよせ」や「こうさく会」などがありますよ。

おすすめ8:練馬区「練馬図書館」

こちらは、練馬区で最も歴史のある最初の図書館「練馬図書館」です。昭和37年開館ということで、地域の情報や行政資料が充実しています。現在は生涯学習センターの併設施設として、図書に限らずさまざまなイベントが開催されています。

子供向けには、定期的に開催している「おはなし会」や「よみきかせ」、乳幼児対象の「あかちゃんといっしょ」などのイベントがあります。乳幼児の保護者が資料しやすいよう、ベビーベッドやベビーチェア、授乳スペースも設置しているためお気軽に利用してくださいね。

子供と一緒に練馬区の図書館を満喫しよう!

今回は子供と一緒に楽しめる東京都練馬区の図書館をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。静かで大人向けのイメージの強い図書館ですが、実は意外と小さな子供を連れた保護者も利用しやすいよう工夫しているのです。子供が小さいから行き辛いと感じる方も少なくありません。

しかし、家での読み聞かせも楽しいですがたまには外で新しい本と出合うのも楽しいものです。まずはお近くの気になる図書館から、今回ご紹介した情報を参考にぜひ訪れてみてくださいね。

記事をもっと探す

カテゴリから探す