2020/6/3

休みの日は近くの図書館に行ってみよう!京都市にある図書館をご紹介

子供を寝かしつけるときや室内で遊ぶときなど、絵本や児童書を読み聞かせる場面は多いでしょう。初めのうちは家にある本で満足していたものの、気づくと新しい本が必要になることも少なくないはずです。そこで便利なのが公共施設である図書館です。しかし、今の図書館は本を借りるだけの場所ではありません。子供向けのイベントを行っている図書館もあり、子供連れにはおすすめスポットです。そこでこの記事では、子供と初めて一緒に図書館に行く人や親子で楽しめる図書館のイベントなどを知りたい人に向けて、京都市で子供連れにおすすめのイベントを開催している図書館を紹介します。

京都市にある図書館8選

子供と一緒に行くのであれば、子供連れに嬉しいサービスや子供向けのイベントがある図書館を選びたいですよね。これから紹介する図書館には子供連れにおすすめなポイントが満載のため、ぜひ図書館選びの参考にしてみてください。

おすすめ1:京都市「こどもみらい館子育て図書館」

こちらは、京都市のこどもみらい館内にある「子育て図書館」です。この子育て図書館では、乳幼児向けの絵本だけでなく子育てに役立つ図書や幼児教育の専門書などが種類豊富にあります。

子供を楽しませるだけでなく、自分の学びにもなる図書館として多くの利用者が訪れます。館内の「はだしのコーナー」では毎日2回絵本の読み聞かせを開催しており、絵本や紙芝居を楽しめます。未就学児とその保護者が対象の図書館のため、気兼ねなく利用できるのもうれしいポイントです。

おすすめ2:京都市「ギルグラこども図書館」

ギルグラこども図書館は京都丸太町教会付属の図書館です。この図書館では絵本や児童書に加えて、子供向けのおもちゃも用意されています。

また、絵本の貸し出しや読み聞かせだけでなく、講演会などが開催されることもあります。

さらに年に一回のクリスマスの時期には、グリム童話などの昔話を題材にした手作りの人形劇が披露されます。子供から大人まで楽しめるクリスマスイベントのため、参加者が増えて開催回数が増えるほどの人気ぶりです。

おすすめ3:京都市「中央図書館 」

京都市の中央図書館は、1階に児童図書室、2階に成人図書室があり市内の図書館の中心として、乳幼児から大人まで幅広い市民に利用されている図書館です。

1階の児童図書室には幼児コーナーが設けられており、赤ちゃん向けの紙芝居や大型絵本の読み聞かせ、おたのしみ会の開催など楽しいイベントが多く開催されています。

特にここならではの「本のもりの小さな音楽会」というミニコンサートがおすすめで、プロの音楽家の方々による生演奏を図書館で楽しめます。幼児から参加可能で、時間は15分のため長すぎることもなく気軽に参加できますよ。

おすすめ4:京都市「右京中央図書館」

こちらは、右京区総合庁舎(サンサ右京)の3階にある「右京中央図書館」です。26万冊を超える豊富な図書を所蔵しており、好立地なこともあって多くの市民に利用されている図書館です。

右京中央図書館は、さまざまな図書をそろえるだけでなく、読書を楽しむ場所づくりにこだわっています。ここでは屋外テラスで読書を楽しむことができるため、天気が良く暖かい日には子供と一緒にテラスでのんびり絵本を読むのもおすすめです。

赤ちゃんや小さい子供向けのおたのしみ会イベントも開催されているため、気になる方はぜひ一度訪れてみてくださいね。

おすすめ5:京都市「伏見中央図書館」

こちらは、大手筋商店街の近く、伏見区役所の隣に位置する「伏見中央図書館」です。この図書館では子供の読書活動を促進するため、図書館から幼稚園や保育園,小中学校に出向いて読み聞かせを行っています。

館内でも乳幼児とその保護者向けに絵本の読み聞かせ「赤ちゃん絵本こんにちは」を行ったり、子供と一緒に遊べる手遊びや歌遊びの紹介をしたりしています。

また、保育士の方が館内に来てくださり、育児相談もできるのが嬉しいポイントです。絵本を借りに来るだけでなく、育児で相談事があるときも気軽に来館できて助かりますね。

おすすめ6:京都市「醍醐中央図書館」

こちらは地下鉄醍醐駅のターミナルビル4階にある「醍醐中央図書館」です。約22万5千冊もの図書を所蔵しており、CD・DVDの視聴席も十分設置されているため、文庫から映像まで豊富に楽しめます。

子供向けのプログラムも多数開催されているため、親子で利用する人も多く見られます。0~2歳児の子供向けには「あかちゃんといっしょ~絵本の会」、幼児や児童には「おたのしみ会」や「おはなし会」、子供向けの映画上映会などがあります。

乳幼児から楽しめるおすすめの絵本を探すお手伝いもしてくれるため、図書館デビューで迷った際にはお気軽に相談してみてください。

おすすめ7:京都市「久世ふれあいセンター図書館」

こちらは、明るい館内と大きなガラス窓が特徴的な「久世ふれあいセンター図書館」です。この図書館では、 毎週月曜日午後11時から絵本コーナーにて赤ちゃん向けの「ちいさなおはなし会」が開催されているため、乳幼児を連れた保護者が多く利用しています。こちらでは赤ちゃん向けの絵本の読み聞かせだけでなく、手遊びなどを紹介してくれます。

また、クリスマスには図書館近隣の中学校の生徒が図書館に訪れクリスマスコンサートを開催してくれるなど、地域との交流を感じる図書館です。

おすすめ8:京都市「吉祥院図書館」

こちらは、全国的にも珍しい学校との複合施設にある「吉祥院図書館」です。1階は図書館、2階が京都市立塔南高等学校の特別教室、3階は柔・剣道場となっています。

この図書館では、屋外で読書ができるようにテラスが設置されているほか、乳幼児向けにベビールームも設置されています。スタッフに声をかければお湯もを沸かしてくれるなど、環境づくりにとどまらない心温まるサービスを提供してくれる図書館です。

毎月第3・最終月曜日には、ボランティアの方による絵本の読み聞かせ「赤ちゃん絵本の会」も開催されています。

京都市内でお気に入りの図書館を見つけに行こう!

今回は子供と一緒に楽しめる京都市の図書館をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。図書館と一括りにしても、各図書館ごとに扱っている絵本の数や種類、提供している子供向けプログラムはそれぞれです。

絵本の読み聞かせから手遊び、紙芝居やコンサートなど、子供心をくすぐるプログラムが豊富にあります。市民であればどの図書館も気軽に無料で利用できるため、まずは気軽に訪れてみてください。きっとお気に入りの図書館を見つけられるでしょう。

記事をもっと探す

カテゴリから探す