2020/5/13

雨の日もOK!子供たちが大好き福岡アンパンマンこどもミュージアムinモールへ行ってきました

こんにちは。4歳女の子と1歳男の子の育児をしながらライターをしていますミナコです。長期休暇や連休が続くと、子供たちのお出かけどうしようか悩みませんか?特に、雨の日だと屋内でも楽しく、思いっきり遊べる場所がよいですよね。 そんなときは、博多リバレイン内の5階と6階にある「アンパンマンこどもミュージアムinモール」がおすすめです!家族で一緒に行ったときの子供たちの反応や施設内についてご紹介したいと思います。

この先のワクワクが止まらない!「おでむかえひろば」

福岡のアンパンマンこどもミュージアムinモールは、福岡市営地下鉄「中洲川端駅」より直結の専用エレベーターを昇って6階で入場口と繋がっています。エレベーターを降りたらすぐにアンパンマンの曲が流れていて子供たちはとってもテンションが上がります!

©アチコチ

©アチコチ

©アチコチ

入場の手続きを済ませたら、子供チケットに付いているミュージアム限定のおもちゃのプレゼントを受け取って、まず最初にあるのが「おでむかえひろば」です。

アンパンマンや仲間たちの12体のジオラマがあるので、好きなキャラクターと共にまずはここで記念撮影をしましょう!

入場口では、大きなアンパンマンの前でスタッフの方に記念写真も撮って貰えるので、気に入ればその場で購入することもできますよ。

どんぶりやおすしのお店やさんがいっぱい!「みんなのまち」

©アチコチ

©アチコチ

©アチコチ

先に進むとアニメに出てくる「どんぶりまんトリオ」や「鉄火のコマキちゃん」にちなんだお店があります。お店やさんから顔を出したり、かまどに火をつけてみたりして楽しむことができますよ。お店にはかわいいキャラクターの絵がたくさん描いてあるから、子供たちも大喜び。

そして、そのとなりにはみんなが大好きなアンパンマン号が!「操縦席ってどうなってるのかな?」と、興味深々です。

アンパンマン号の中にはイスが2つあって、仲良く交代しながら操縦席でハンドルを動かしたりして遊べます。

イベントやお誕生日会もある「みみせんせいのがっこう」

©アチコチ

お誕生月に遊びに行って入場口で受付をすると、みみせんせいのがっこうでお誕生日のお祝いをしてもらえます。お名前の書かれたお誕生日のかんむりを被って、アンパンマンと一緒に記念撮影ができちゃうチャンスです。1人ずつお名前を呼んで貰えて、前でお写真が撮れるのでドキドキしながらも大喜びしちゃいます。

その他にも、毎日タイムスケジュールに沿ってお面などの工作イベントや紙芝居、パネルシアター等が開催されているので遊具以外の体験はこのエリアで楽しめますよ。

その他にも同じ6階の「ころころボールプール」では、「6ヶ月~18ヶ月まで」の年齢制限がありますが、壁にあるレールを動かしてボールを転がしたりして遊べるボールプールのエリアもあります。

おなかがすいたらひと休み「ジャムおじさんのパン工場」

©アチコチ

©アチコチ

いっぱい遊んでおなかがすいても、施設内のさまざまな場所にレストランやカフェ、おにぎりなどの軽食を売ってるお店がたくさんあります。テーブルとイスがあるちょっと休憩できる場所が何ヶ所かあるので、子供が急に疲れて休みたくなっても対応できるので助かります。

この日は、一度は買ってみたかった「ジャムおじさんのパン工場」にあるパンを食べました。お店で毎日手作りされているパンは、種類も豊富でかわいくて美味しいですよ。

パン工場の壁はガラスになっているので、パンを作っている様子を見ることができます。

アンパンマンショーのあるメイン広場「やなせたかし劇場」

©アチコチ

ここからは階段を降りて、5階のエリアに移ります。

アンパンマンミュージアムで楽しみなことの一つである「アンパンマンショー」はこのメイン広場で開催されます。

タイムスケジュールに沿って、1日に4回開催されるショーはみんなが知っている曲に合わせてアンパンマンや仲間たちが歌って踊って会場を盛り上げます。

©アチコチ

アンパンマンミュージアムで楽しみなことの一つである「アンパンマンショー」はこのメイン広場で開催されます。

タイムスケジュールに沿って、1日に4回開催されるショーはみんなが知っている曲に合わせてアンパンマンや仲間たちが歌って踊って会場を盛り上げます。

ショーの途中から、子供たちは自由に動いて好きなキャラクターの前で一緒に歌ったり踊ったりすることができるので、席で見るだけのショーとは子供の満足度が違います。

ショーが終わった後にも、広場に来てくれた子供たち1人1人にショー出演したキャラクターたちが回ってきてくれます。

握手をしたり一緒に写真を撮ったり、親子でとっても楽しい思い出になります。

©アチコチ

5階には他に、ふわふわの大きなボールで遊べる「ボールパーク」やさらさらのお砂で遊べる「おすなば」の広場、5色のすべり台がある「虹のすべり台」もあります。「アンパンマンとバイキンマンのふわふわハウス」では、時間ごとに交代で空気で膨らませてあるふわふわの中でピョンピョン跳ねて遊べます。

そして、やなせたかし劇場と反対側のフロアには2019年3月に新しく「バイキン秘密基地」がオープンしました。このエリアでは、思いっきり身体を動かして遊べるようになっていて坂のある大きなトランポリンやカラフルな丸太はくぐったり抱きついたりすることでトレーニング効果が。

遊びに行ったときは工事中だったので、次回は必ず行ってみたいエリアになりました。

おむつも買える子供連れに優しい「設備やサービス」

施設内にトイレは各階に1箇所ずつあります。もちろんどちらも個室の授乳室、調乳用のお湯やおむつ替えシートも完備されています。「おむつが足りなくなっちゃった!」という時も6階の「アンパンマンテラス福岡」で販売されているので安心です。

また、離乳食のみ持ち込みできますがカフェやレストランで販売されていますし、コインロッカーも多めにあるので一日中過ごしても心配なことが無く子供連れへのサービスがとても充実しています。

注意することは飲食物の持ち込みができません。そして、ベビーカーでの入場ができないので、入場前に入口で預ける必要があります。施設用レンタルのサービスなどもないため、赤ちゃんやまだ歩けない子供連れの場合は「抱っこ紐」を必ず持参されてくださいね。

アンパンマンミュージアムは何度行っても楽しい!

Ⓒアチコチ

一度行ってみて親子で安心して遊べるし、子供もとても喜んでくれるので入園前には3ヶ月に1度は遊びに行っていました。年に1度だけ年末にかけて「きんしゃいパス」という年間パスポートが販売されるので、何度も行くならば購入してみてもいいかもしれませんね。

行くたびにそして成長と共に、興味を持つものや遊び方が変わってくるところも見どころですよ。お休みの間のお出かけに家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介した施設

記事をもっと探す

カテゴリから探す