2020/3/12

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園でムーミンに会ってきました!

こんにちは。ライターのlaralaraです!1月の平日に埼玉県飯能市にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に出掛けました。以前来たのは夏だったので帽子はマストでした。夏は日差しが強く冬は冷たい風は通るので、行く時期で服装も気を付けたいですね。そしてこちらは北欧ブームから近年人気の公園になっています。今回はそのトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園についてご紹介していましょう!

360度どこを見渡しても自然がいっぱい!

©アチコチ

入り口から入って直ぐに思うのが360度どこを見渡しても自然がいっぱいなところが最大の特徴と言えるでしょう。
ただ自然がいっぱいというわけでなく、どことなく北欧を思わせる風景があります。

©アチコチ

公園内は広いので散歩するだけでも価値があるところと言えるでしょう!
箇所箇所にベンチもあるので安心して休憩もできます。

メインのきのこの家へ!

©アチコチ

こちらはトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園のメインスポットと言っていい場所になります。
外観もきのこの形をして可愛いのでインスタ映えスポットにもなっているようです。そして中に入ることもできます。

©アチコチ

基本的に中に入れる場所はすべて土足厳禁になっています。
私たちが行ったのは平日でしたが、かなり子供たちで混み合っていました。すべての建物内はエレベーターなどはなく全て階段なので、子供同士が階段ですれ違う時は注意が必要です。

©アチコチ

中ですが外観以上に魅力的な空間になっています。

入り口から上を見ると天井まで吹き抜けになっていて、とても開放感があります。見るところの多くに子供が喜びそうな仕掛けもありました。
「何これ!」「面白い!」などの子供の声が建物から聞こえてきました。2歳の娘も興奮鳴り止まないようでした。

©アチコチ

公園内にはレストランはありませんが、唯一あるのがこちらのカフェです。
外観も可愛らしいですが、中も可愛らしいです。残念ながら、私たちが行った時間は満席だったため入ることは出来ませんでした。

©アチコチ

こちらが気になるメニュー表になります。

お値段も高くはないので、入ってみようという気になる方が多いのではないでしょうか。小腹が空いていたらドリンクと共にスイーツもいただきたいところです。

今回はこちらのカフェには行けなかったので、次回は必ずリベンジしたいと思いました!

公園内は他にも見どころ満載!

©アチコチ

メインのきのこの家以外にも、公園内は見どころ満載です。

我が家のお気に入りは上記の公園内マップにある「森の家」というところです。1階はムーミンの生みの親のトーベ・ヤンソンの資料などがあります。

可愛いムーミンがどのようにして生まれたのかが分かるので、ちょっとした豆知識にもいいでしょう。
そして2階がフリースペースになります。多くの本があるので、まったり読書をする事もできるでしょう。

©アチコチ

窓辺からはこんな景色が広がります。まるで本当に北欧にいるかのような気持ちになり、心が休まります。
その他にも、子ども劇場や見晴らし橋など、こちらの公園ならではの見どころがありますので是非見てほしいと思います。

こちらの公園内にはトイレ(おむつ交換台含む)は子ども劇場のみになり、授乳室はありません。
土日などに行かれる方は、トイレなども混み合うことを頭に入れた方がいいでしょう。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園の基本情報!

住所:〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地-1
電話番号:042-972-7711
営業時間:9時00分〜17時00分
アクセス:車の場合 圏央道「狭山日高IC」から約20分 「青梅IC」から約20分電車の場合 西武池袋線「元加治駅」から徒歩約20分
入園料:無料
休園日:月曜日(月曜日が祝日の時はその翌日)、年末年始
駐車場:無料

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に行ってムーミンを感じよう!

©アチコチ

ここ数年でこの飯能市がムーミンタウンになってからは、観光バスも立ち寄るなど人気上昇中の場所になります。同市にムーミンパークは他にもありますが入場料などが高いようなので、ちょっと北欧を感じてみたい、ムーミンに癒されたいという方にこちらの公園はおすすめです。

この機会にトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園を知って、こちらで楽しい時間を過ごしてみましょう!"

この記事で紹介した施設

記事をもっと探す

カテゴリから探す