2020/4/8

茨城県で子連れにおすすめのお花見スポット8選!

日差しが暖かくなるとお花見のシーズンが近づいてきますね!通勤通学の途中で公園や広場の桜の花を見かけたら、家族でお花見にでかけたくなりますよね。この記事では、茨城県内で子どもといっしょにお出かけできるお花見スポットを紹介します。お弁当を準備して満開の桜を見にお出かけすると、家族の絆も深まるのではないでしょうか。どこのスポットも例年たくさんの人で賑わいますので、桜が咲き始める前に、ファミリーでお花見の準備をすることをおすすめします!

子どもと一緒に茨城県で花見。おすすめの花見スポットはココ!

茨城県には、全国的に有名な名所・旧跡、公園や広場など、多くの花見客が集まるお花見スポットがたくさんあります。その中でも、子どもといっしょにたっぷり楽しめるおすすめ花見スポットを8ヶ所選んでみました。どこも桜の名所といわれる場所ばかりです。お花見の参考にどうぞ!

おすすめ1:那珂市「静峰ふるさと公園」

日本さくら名所100選に選ばれている「静峰ふるさと公園」には、約12ヘクタールの広々とした園内に約2,000本のヤエザクラをはじめ、ソメイヨシノ、ツツジ、シバザクラなどが植栽されています。

4月中旬から下旬に開催される「八重桜まつり」では、満開時に合わせて桜の木や灯ろうによるライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

またミニコンサートやキャラクターショーなども行われているので、イベントにあわせて行くのもいいですね。夜桜期間中は20時まで開園、入園料は無料です。

おすすめ2:ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」

国営ひたち海浜公園では木漏れ日の中ハンドドリップコーヒーを味わえるレストハウスなどが有名ですが、お花見の時期になると、園内ではソメイヨシノ、ヤエザクラ、オオシマザクラなどの種類の桜が咲きます。

また、大観覧車やアトラクションが楽しめる遊園地も併設されているので、お花見だけでなく家族で一緒に楽しめます。ベビーカーの無料貸し出しも受け付けています。ベビーカー用のスロープやトイレにもバリアフリー化が施されていて、ファミリーにも優しい公園です。

おすすめ3:石岡市「茨城県フラワーパーク」

茨城県フラワーパークは約30ヘクタールに及ぶ広大な敷地を誇る花と緑の公園です。バラやボタン、あじさいなど、季節のさまざまな花で囲まれていますが、お花見の時期は桜が満開で多くの人の目を引きつけています。

2月下旬から3月中旬頃には河津桜まつりが開かれ、約250本の桜を楽しむことができます。

授乳やおむつ替えのためのベビールームは来園者センター1階に用意されていて、小さな子ども連れでも安心です。毎週月曜日が休園日、お花見の季節は開園時間は9時から5時です。

おすすめ4:土浦市「霞ヶ浦総合公園」

土浦市の霞ヶ浦総合公園は、大きなオランダ型の風車などのアトラクションがある、霞ケ浦湖畔の自然豊かな公園です。

公園内にはウメやツバキ、モクレンなどの樹木が植えられていますが、3月末から4月の初めにかけては園内でサクラが見られます。

しだれ桜・ヤエザクラ・河津桜・ソメイヨシノと、次々と違った種類の桜が咲き、地元ではお花見で非常に有名です。駐車スペースが広いため、車での利用が便利。ベビーカーの利用も可能です。

おすすめ5:水戸市「偕楽園」

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつに数えられます。2月の「梅まつり」で有名な偕楽園ですが、春には桜、初夏にはツツジ、秋には可憐な萩の花やモミジが見られ、桜の季節にもいっぱいの花見客で賑わいます。

広い敷地の中でゆっくりお散歩気分で花を楽しむののもよさそうですね。観光客で多くの人が訪れる施設ですので、バリアフリーや子ども連れの家族にも優しい公園です。

アクセスは車で常磐自動車道水戸ICより約20分。偕楽園本園への入場は有料ですが、周辺の桜のお花見は無料でできます。

おすすめ6:龍ヶ崎市「般若院」

龍ヶ崎市にある般若堂は、本堂裏手にあるシダレザクラが有名で、お花見の時期に近隣から大勢の人が訪れます。樹齢は推定400年、樹高約10m、枝張り東西約15m・南北約22mの巨木です。エドヒガン(江戸彼岸)という種類の桜の園芸品種で、県の天然記念物に指定されています。

開花期間中は18時から20時の間、ライトアップが行われます。境内には舗装されていない道もありますが、ベビーカーの利用は可能です。

レジャーシートを広げてのお花見はできませんが、昼間とは違った雰囲気で巨大な一本桜を堪能できます。駐車場は少なめなので、近くの龍ケ崎市役所の駐車場を使用することができます。詳しくは龍ケ崎市役所商工観光課までお問合せください。

おすすめ7:土浦市「乙戸沼公園(おっとぬまこうえん)」

乙戸沼公園は、約13ヘクタールの敷地の中心にある沼を囲む桜並木が有名です。公園内にはソメイヨシノやヤエザクラが約900本あり、お花見の時期には大勢の人でにぎわいます。

小規模だがアスレチック遊具や、水遊びができるスペースもあり、子どもが利用できるトイレも完備しています。駐車場は8時30分から22時まで利用できます。

お花見の時期には、臨時駐車場を開設する予定です。アクセスは常磐道桜土浦ICから車で約15分です。入場は無料です。

おすすめ8:つくば市「科学万博記念公園」

1985年の科学万博跡地に作られた科学万博記念公園は、桜の名所としても知られています。ぽっちゃん湖の周囲を中心に約300本ものソメイヨシノが植えられ、桜の季節にはお花見を楽しむことができます。

広い芝生広場では、レジャーシートを敷いて家族でピクニック気分を楽しむこともできます。駐車場は無料ですが、数が少ないのでお花見の時期は満車状態になることがあります。

アクセスは車でつくば中央ICから約2kmです。周辺の桜のお花見は無料です。

名所・旧跡といっしょに楽しめる!茨城県のお花見スポットにお出かけしよう

茨城県内でお花見が有名なスポットを8ヶ所紹介しました。どこも家族連れで気軽にお出かけができるお花見スポットを厳選して紹介しました。

中にはレジャーシートを広げてのお花見ができない場所もありますが、ベビーカーの利用は可能ですので、子どもといっしょにお散歩感覚で楽しめます。

行ってみたいと思うお花にスポットが見つかったら、家族や友人と桜の季節のお花見を楽しんでくださいね。

記事をもっと探す

カテゴリから探す