2020/6/29

未就学児も大人と一緒に入れる山梨県のプールを室内・屋外どちらもご紹介

子供が大好きな水遊びですが、プール施設なら、ご家庭で遊ぶのとはまた違う大きいプールやすべり台などがあり、思う存分、のびのびと遊ぶことができます。水の中でのすべり台は、小さい子供もわくわく楽しめそうです。ここでは山梨県にある、未就学児も大人と一緒に入れる屋外プールと屋内プール、またオムツの取れていない子供でも入れるおすすめのプールを8ヶ所厳選してご紹介します。プールで迷った時はぜひご参考にしてみて下さい。

未就学児から入れる山梨県にあるプールをご紹介

早速山梨県にある、未就学児も大人と一緒に入れる屋外プールと屋内プール、またオムツの取れていない子供でも入れるおすすめのプールを8ヶ所厳選してご紹介します。子連れでプールに行こうと思っている方は、ぜひご参考にしてみて下さい。

おすすめ1:上野原市「新潟治場秋山温泉」

新潟治場秋山温泉は、温泉ですがプールもあります。ここにあるプールは温泉水を使用していて、水温は30℃前半に保たれています。屋内プールにこどもゾーンがあり、小さい子どもも入れるようになっています。まだオムツが取れていない子どもは、水遊び用パンツを着用した上から水着を着てプールが利用できます。また、水遊びパンツはフロントでも販売されています。

さらにここの温泉は、まだオムツの取れていない子どもでも備え付けのベビーバスにお湯を入れて入浴することができます。営業時間は、10時から21時まで、土曜日と日曜日と祝日は、9時からの営業になります。休館日は第4月曜日です。祝日の場合は、翌平日が休館日になります。併設されているレストランは毎週月曜日が定休日になります。

お風呂とプールの利用料金は、一般大人は820円、一般小人は620円です。上野原市民の大人は620円、小人は420円です。17時以降は、一般、上野原市民共通で大人は510円、小人は210円になります。未就学児の利用は一般、上野原市民ともに無料です。

おすすめ2:南アルプス市「やまなみの湯」

やまなみの湯は、温泉とプールがある施設です。屋内には幼児プールがあります。水深は約30cmで、ゾウのすべり台もありますよ。おむつが取れていない子どもは、水遊び用のおむつをはいて、その上に水着を着用してプールが利用できます。

休憩室や絵本や紙芝居などがあるキッズルームもあるため、プールに入らない子どもが遊んで待つこともできます。

プールのみの利用は2時間までとなっており、大人は600円、小学生以下の子どもは300円です。休憩室も一緒に利用する場合は、大人900円、小学生以下の子ども450円です。満3歳未満の幼児の利用は無料で利用できるのがうれしいですね。

おすすめ3:甲斐市「甲斐市玉幡公園&総合屋内プールKai・遊・パーク」

甲斐市玉幡公園&総合屋内プールKai・遊・パークは、屋内のプール施設です。25mプールや歩行専用のプール、リラクゼーションプールなど大人向きのプールが多いですが、円形の子どもプールは水深50cmで小さな子どもでも水遊びが楽しめそうですね。

ただし、おむつが取れていない場合は利用ができないため注意しましょう。

館内にあるロビーは休憩もでき、自動販売機とトイレは管理棟にあります。外観は日中は緑豊かな花々に囲まれていますが、夜になると館内のアッパーライトが空を照らし、プールもきれいに映し出してくれます。プール施設ですが、おしゃれな造りになっているため、居心地のよさを演出してくれますよ。

おすすめ4:北杜市「星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳イルマーレ」

星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳イルマーレは、レストランやカフェ、ショップなどが融合したリゾートホテル内にあるプール施設です。

メインプールの他にも、水深約40cmの子どもプールとキッズエリアがあります。キッズエリアは森をテーマにしており、緑を基調とした空間には、ランダムに噴水が出るいたずら噴水や、足元のスイッチを踏むと噴水が飛び出すぴょんぴょんスイッチなどがあります。

他にもかくれんぼシャワー、ぷくぷく池、くるくるリバーなど、水で遊べる工夫がたくさんしてあり、子どもはわくわくするような造りになっています。ちゃぷちゃぷベンチとぽかぽかベンチとみまも~るデッキがあり、近くでリラックスしながらも子どもを見守ることもできますよ。

ビーチサイドにはカフェが併設されているため、少し休憩したいときに利用してみてはいかがでしょうか。カフェサイドにはブックスペースとプレイルームがあり、遊んだ後ものんびりと過ごせますね。

おむつの取れていない子どもは、水泳用のおむつを使用すればプールの利用が可能です。

おすすめ5:甲府市「緑が丘スポーツ公園」 ※屋内と屋外両方にプールあるのか確認したい

緑が丘スポーツ公園は、さまざまなスポーツができる施設です。屋内外にプールがあり、屋外プールでは小さい子どもも入れる幼児プールがあります。

開場時間は8時30分から17時30分です。利用時間は、1時間、8時30分から12時までの午前、12時から17時30分までの午後になります。受付時間は9時から17時までになります。休場日は毎週月曜日ですが、祝日の場合は翌日が休場日になります。年末年始もお休みです。利用料金は、半日で一般および大学生は210円、高校生は100円、中学生以下は50円になります。

おすすめ6:韮崎市「韮崎市健康ふれあいセンターゆ~ぷるにらさき」

韮崎市健康ふれあいセンターゆ~ぷるにらさきは、温泉とプールが一体になった施設です。屋内にあるウォーターガーデンには、一般的なプールの他にも子ども用プールもあるため、親子でプールが楽しめます。ただし、まだおむつの取れていない子どもは利用できません。

また、大広間の和室は入場料金のみで利用できるため、プールには入らない家族が待つ休憩所としても便利ですね。

おすすめ7:甲府市「小瀬スポーツ公園」

小瀬スポーツ公園は、夏季期間中に屋外プールが開放されます。幼児プールがありすべり台もついてるため、多くの子どもが楽しめるでしょう。

公園内にはトイレが数ヶ所設置されていて便利です。また、体育館内にはレストランがあり、定食の他にも、フライドポテトやかき氷はお持ち帰りもできます。プールの利用期間は、7月24日から8月25日までで、利用時間は10時から16時30分です。期間中は無休ですが、大会開催時などには開放できません。

利用料金は、一般と大学生は280円、高校生は140円、中学生以下は60円です。また、土曜日には高校生以下は無料になります。まだおむつの取れていない子どもは水泳用おむつを着用すればプールが利用できます。

おすすめ8:中巨摩郡昭和町「昭和町立温水プール」

昭和町立温水プールは、屋根が開閉式でドーム型の開放感あるプール施設です。25m×6コースのメインプールの他、子ども用プールがあり、3歳以上から利用できます。

こちらの施設は、まだオムツの取れていない子どもと3歳未満の子どもは利用ができません。また、子どもの付き添いの際は、保護者も水着を着用する必要があります。

山梨県にはおむつの取れていない子どもでも利用できるプールがいろいろ

山梨県で未就学児も大人と一緒に入れる室内プール、屋外プール、おむつの取れていない子どもでも入れるおすすめのプールを8ヶ所ご紹介しました。

山梨県にはプールと温泉が一緒になっているところが多く、ベビーバスが備え付けられている施設もありました。プールの後に温泉も入れるのも魅力的ですね。

また、市民に住んでいる人は通常料金よりも安く利用できるところが多かったです。お手軽に利用できるプールならいつでも子どもとたくさん思い出が作れますね。

記事をもっと探す

カテゴリから探す